iPhone4S から iPhone5 へ移行する


iPhone5 を買ったので、今まで使っていた iPhone4S から環境を移行してみました。とは言っても、前回と手順はほとんど一緒です。

バックアップ


IMG_2824.jpg

まずはバックアップです。今まで使っていた iPhone4S を無線 LAN に接続した上で行います(3G ではバックアップできません)。【設定】→【iCloud】→【ストレージとバックアップ】→【今すぐバックアップを作成】 を押した後、気長に待ちます。日頃からバックアップしていれば、数分で終わるはずです。


設定のリセット


IMG_2825.jpg

次に、iPhone5 を開封します。とは言っても、多くの人はキャリアのお店で購入しているでしょうから、既に店員に設定を済ませてもらっているはずです。復元のためには、この設定を一度消去してしまう必要があります。



IMG_2827.jpg

【設定】→【一般】→【リセット】→【全てのコンテンツと設定を消去】 を選びます。



IMG_2828.jpg

当然ですが、お店で受けとった後に行った設定やメールなどの変更点は消えてしまいます。(ちなみに、アプリの再インストールは無料で出来ますのでご安心を。)



IMG_2829.jpg

iPhone を消去 をタップすると画面が切り替わり……



IMG_2830.jpg

初期状態に戻ります。



IMG_2831.jpg


IMG_2832.jpg


IMG_2833.jpg


IMG_2834.jpg

ここからは画面の指示に従ってぽんぽん押していきます。写真を取り忘れましたが、国または地域 の選択の後に無線 LAN に接続できます。


復元!


IMG_2835.jpg

iPhone を設定 まで来ましたら、復元をどこから行うか(または行わないか)を選択する画面が出てきます。今回は iCloud バックアップから復元 を選びます。



IMG_2836.jpg

メールアドレスをパスワードでログインします。



IMG_2837.jpg

なんか出てくるのでとりあえず同意して……



IMG_2839.jpg

どのバックアップから復元するか選択します。他の iOS 機器(写真では iPad)がある場合は複数表示されますが、基本的に、最新のバックアップからしか復元できません。



IMG_2840.jpg

はい。後はひたすら待つだけです。これが終われば復元は(半分)完了です。


復元できたら……

このまま数十分〜数時間放置すると iPhone が勝手に再起動していつもの見慣れたホーム画面が出てきます。

この“復元”で iPhone に入るのは iPhone 自体の設定項目とアプリの保存されたデータのみです。アプリ本体はこのまま放置するとインストールが行われます(これも時間がかかる)が、音楽・動画・写真は PC(Mac)と同期しない限り復活しません。この後に iTunes で同期するのを忘れないようにしましょう。

続く

iPhone5 ファーストインプレッション – blog.remora.cx
http://blog.remora.cx/2012/09/iphone5-first-impression.html

コメントを残す