最新版 GNU Screen のインストール on CentOS 5.4


久々にインストールしようとしたらいろいろと苦労したのでその記録。

以前試したときはソースツリーにバグがあった(?)為に最新版を git で持ってくるとコンパイルできなかったりしたのだが、今回試したところ、又別の問題があった。

最新版GNU Screenで縦分割(その1〜導入編〜) | blog.remora.cx
http://blog.remora.cx/2010/02/gnu-screen.html

最新ソースを手に入れてビルド開始 → 失敗

$ sudo yum install git
$ git clone git://git.savannah.gnu.org/screen.git
$ cd screen/src
$ autoconf
configure.in:48: error: possibly undefined macro: AC_USE_SYSTEM_EXTENSIONS
      If this token and others are legitimate, please use m4_pattern_allow.
      See the Autoconf documentation.

ここでエラー。「AC_USE_SYSTEM_EXTENSIONS」でググってみると、どうやら autoconf-2.6.0 が必要らしい。CentOS 5.4 では autoconf-2.5.9 なのが問題みたいだ。Fedora からパッケージを貰ってきてインストールする。

依存パッケージのインストール

autoconf-2.6.0 のインストールには emacsm4 > 1.4.7 が必要らしい。

# emacs のインストール
$ sudo yum install emacs
# m4 のインストール
# Fedora 11 から SRPM を貰ってきてリビルドする
$ cd ~/download
$ wget ftp://ftp.riken.go.jp/Linux/fedora/releases/11/Fedora/source/SRPMS/m4-1.4.12-2.fc11.src.rpm
$ sudo rpm -ivh --nomd5 m4-1.4.12-2.fc11.src.rpm
$ cd /usr/src/redhat/SPECS
$ sudo rpmbuild -ba m4.spec
$ cd ../RPMS/i386
$ rpm -Uvh m4-1.4.12-2.i386.rpm

autoconf のインストール

m4 と同じく、Fedora 11 の SRPM を使う。

$ cd ~/download
$ wget ftp://ftp.riken.go.jp/Linux/fedora/releases/11/Fedora/source/SRPMS/autoconf-2.63-2.fc11.src.rpm
$ sudo rpm -ivh --nomd5 autoconf-2.63-2.fc11.src.rpm
$ cd /usr/src/redhat/SPECS
$ sudo rpmbuild -ba autoconf.spec
$ cd ../RPMS/noarch
$ sudo rpm -Uvh autoconf-2.63-2.noarch.rpm

emacs と、一緒にインストールされた依存モジュールは必要ないので消しておく。

$ sudo rpm -e emacs Xaw3d emacs-common giflib xorg-x11-fonts-ISO8859-1-75dpi

GNU Screen のインストール(2度目)

やっと autoconf がインストールできた。改めて GNU Screen のインストールを実行。

$ cd ~/build/screen/src
$ autoconf
$ autoheader
$ ./configure
$ make
$ sudo make install

これで最新版の GNU Screen がインストールできた。

One thought on “最新版 GNU Screen のインストール on CentOS 5.4

コメントを残す